09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

今月は土星の輪の消失が見逃せない 

今月の天文便りです。

8/6は09:55に満月となります。日本では見られませんが半影月食も起こります。
またみずがめ座ι流星群の南群が極大となります。こちらは出現期間は7月20日から8月25日と長めですので今月いっぱい楽しめるかと思います。
8/7は立秋。太陽の黄経が135゚となります。
8/11は土星の環の消失が起こります。太陽から見て環の傾きが0になります。観測は9月に太陽と合を控え見えにくいので8月に観測する方がおすすめです。
土星は夕方の西の空で見られます。沈むのは午後10:02です。これは約15年ごとにおこる現象で、土星の環の真横から太陽が照らすので見えにくくなって消失したように見えるのです。
8/13の03:00にはペルセウス座流星群が極大を迎えます。ただ今回は下弦前の月が出ているのでやや観測条件は悪いのが残念です。12日の日没後から夜半あたりまでがよく観測できるかと思います。この時期に空気が綺麗なところに旅行している方は、夜に空を見上げてみると良いでしょう。明るい流星や流星痕などもよく見られます。
8/17は火星とかに星雲が接近、そしてはくちょう座流星群が極大です。
8/20 19:02は新月となります。8/26は旧七夕です。
関連記事

テーマ: 星・宇宙

ジャンル: 学問・文化・芸術

天文 |  TB:0  |  CM:0  | 記事編集

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する