10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

7月の天文便り 

7月下旬から8月下旬は、水瓶座δ南流星群、山羊座α流星群、ペルセウス座流星群、白鳥座κ流星群などいくつもの流星群の活動が重なりますのでみどころ満載です。流星は明るいものより暗いものの方が数が多いのです。
市街地での観測はできる限りさけておきたいところです。この時期ですと野外に行かれる方も多いでしょう。空気の綺麗なところで、夜はぜひ空を見上げて下さいね。宇宙の神秘も感じられるとおもいますよ。

7/2 ウォルフ・ハリントン水星が近日点を通過。
7/3 C/2009 R1マックノート彗星が近日点を通過。ただ見所としては6/下旬の方がよいです。
7/10 金星と獅子座の一等星・レグルスが1度未満まで近づく大接近。
6/20には蟹座のM44 プレセペ星団と大接近していましたが今度は獅子座となります。
7/12 新月、蟹座の新月が04:40?。南太平洋・イースター島で皆既日食。皆既の継続時間は五分程度と長めなので楽しめると思います。ツアーなどに参加される方は現地のマナーを守り、また安全に観測をして下さい。
7/14 夕方の空に惑星が集合。月、水星、金星、火星、土星が楽しめます。
7/16 獅子座Rが極大。長周期変光星の一つです。レグルスのすぐ西にある赤い星です。
双眼鏡で同一視野に入りますので、二つの星の色合いを比べて楽しむことが出来るでしょう。
7/25 火星と乙女座βザヴィヤヴァが接近。ザヴィヤヴァは3.6等と明るめの星です。
7/26 満月、水瓶座の満月が10:37?。
7/28 水瓶座δ南流星群が極大。ただ満月の後なので観測条件はよくありません。
全体的に観測期間は7月15日?8月20日あたり、この流星群の極大から毎年、夏の流星群シーズンがやってきます。新月は8月10日なのでこの前後が最高の条件となります。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ: 星・宇宙

ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 天文観測  流星群   
天文 |   |  CM:0  | 記事編集

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する