04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

10月の天文便り 

9月22日の中秋の名月は皆さんご覧になりましたか?
今月は後の名月ですよ。是非お忘れ無くお月見を。

ハートレー彗星が肉眼等級になるのは11月上旬になります。
望遠鏡などお持ちの方は今から観測準備をされるとよいですね。

彗星観測が初心者の方は観察方法に慣れておくと良いでしょう。
彗星はだいたい、淡いぼんやりした感じに見えます。月明かりがなく天の川が見えるような位夜空で観測しましょう。あらかじめどの位置に彗星がいるのかも頭に入れておきたいですね。
ベテランの観測家がお友達にいるなら、その方を頼るのもいいでしょう。

10/5 06:34240P/ニート彗星が近日点を通過
10/8 天秤座の新月 03:44?
10/9 ジャコビニ流星群(10月りゅう座流星群)が極大
りゅう座の頭あたりに放射点を持つ10月りゅう座流星群(ジャコビニ流星群)が、10月9日の8時ごろに極大をむかえます。13年ごとに大出現することがあり、かつては大流星雨を振らせたこともあるのです。
今年はよい条件で観測できますので楽しみにしていましょう!
10/12 長周期変光星のミラが極大光度のあたり
22時ごろに南東の空に見えているくじら座の心臓の位置にある星です。
赤い色で心臓にふさわしいかもしれません。
10/20 後の名月(十三夜)
10/22 オリオン座流星群が極大
月が一晩中夜空を照らしていて条件はよくないのですけれど、ここ数年は活発な活動を続けています。
割合、明るい流星も出現しますのでこちらも楽しみにしておきましょう。
放射点はオリオン座の右腕のあたりになります。
10/23 牡羊座の満月 10:37?。
10/25 月とプレアデス星団が接近
夕方から26日の明け方にかけて、月とプレアデス星団(M45)が接近します。
一時間おきに観察することをオススメします。その方が両天体の距離がよく分かるからです。
肉眼よりは双眼鏡の観察が適しています。月が明るすぎるからです。
10/28 103P/ハートレイ第二彗星が近日点を通過。

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ: 星・宇宙

ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 天文観測  流星群  彗星 
天文 |   |  CM:0  | 記事編集

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する