01/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28./03

水晶球占い 

水晶球占いのすべて―神秘のクリスタルゲイジング (カメ・ブックス)/朝倉三心

これは私の心のバイブルといってもいい本です。まだお持ちになり大切に保管されている方も多いのではないでしょうか。この本との出会いも導かれるように出会いました。今ならなるべくして水晶球占い師になったのだと思います。

私の名刺をお持ちの方はCrystal Gazerと書いてあるのをご存じだと思います。(一部の初期の名刺にはないですが)これは水晶球占い師という意味です。

水晶球占いは水晶球を使って行う占いで、透視ではありません。スクライングでもありません。
それはまた別のジャンルになると思います。

水晶球をみていると、能力が高い人はいきなり石の中にカラー映像を見たりしますがそれはほんの一握りの人。あるいはクレアボヤンスが高い人です。たいていの人はもやもやとした雲のような物をみます。クラウドといいます。そのまんまです。それからクラウドに色が付いてくるといった感じでしょうか。
何年修行したりしていても見えないという場合、別の感覚が得意なケースが殆どです。クレアオーディエンス、聞こえる能力が高いと石から言葉が聞こえます。小さな内なる声で聞こえます。慣れてくると声も大きくなります。クレアコグニザンスなら、いきなり頭の中に考えが浮かびます。自分の考えではないのですぐに分ります。クレアセンシェンスなら、わくわくした予感がしたり、クライアントの心境や未来が感覚で伝わってきます。

時折習ってみたいという方がいらっしゃるのですが、対面でないとお教えできない占いなので東京に来れる人に限られます。また石代は講座料金には含まれません。初回の二回は石を選ぶまでの話なのでSkypeや電話でもレクチャーできます。そして三回目の間までに石をご自身で探してきて貰います。三回目以降はマンツーマンでお教えしていきます。グループですと気が散りますし自分と他者を比較するのでこの講座はマンツーマンです。

水晶球占いを習ってみたい方がいらっしゃるようなら、来年から開講します。私のホームぺージ(http://bluemoonlit.jp/)からお問い合わせ下さい。ただし決して講座料は安くはないので、よく考えてからにして下さい。途中で投げ出して欲しくないからです。この占いをできる人は数少ないので、この占いができる方を沢山育てたいというのが今の私の気持ちです。

人気占い師ならエキサイト


人気ブログランキングへ
関連記事
タグ: スピリチュアル  占い  水晶球占い 

この記事に対するコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する